KYOICHI SHIINO offcial web site

Biography

椎野恭一
Kyoichi Shiino

横浜生まれ。ドラマー。

幼い頃ビートルズ好きな姉のボーイフレンドがドラマーで、 スティックをプレゼントされたのが、ドラムの道を志すきっかけとなる。

中学時代初めてバンドをつくり、はっぴいえんどからクリーム、ストーンズなどをコピーする。
高校生のとき、当時エディー藩とオリエント・エクスプレスに在籍していたゲーリー渡辺氏に師事。
卒業後、PaPaを結成。山下久美子、吉川晃司のサポートを経てバンドデビューを果たす。

Chara、布袋寅泰のアルバム、ツアーに参加の後、渡英。
LONDONでの暮らしは自分の音楽的ルーツを再確認する旅となる。
Sky Lab、Kenji Jammer、Natural Calamity等と活動。
その時期にセッションを共にした仲間と帰国後、Magnoliaを結成。
その傍らUA、花田裕之BAND、AJICOへ参加する。

ドラマーとしての活動以外にも自主レーベルDEEP ORANGEを2009年に立ち上げ、Stumble Bumの2枚のアルバムを制作プロデュース。
2012年ドラムスクールDrum Gardenをスタート。
2020年コロナ禍新しいイメージを実現させるため free as The Void 結成。

現在も数多くのアーティストとのセッションを重ね活動の幅を広げている。


  • GOMA & Jungle Rhythm Section、
  • Cocco、
  • Signals、
  • 浅井健一、
  • CARAVAN、
  • 宮本浩次、
  • Mooney & His Lucky Rhythm、
  • 児玉奈央、
  • KEISON、
  • KOTEZ&YANCY、
  • Spina B-ILL、
  • Leyona、
  • Theatre Brook、
  • どんと&小嶋さちほ、
  • キリンジ、
  • Salyu、
  • 椎名林檎、
  • いきものがかり、
  • SEKAI NO OWARI、
  • スーマー、
  • カルメンマキ、
  • 千尋、
  • 大澤誉志幸、
  • イノトモ、
  • etc…